入間デリヘルベイビーズマニアがいてみたいなLOVEジャウジ

  • 投稿者 : 雅彦
  • 2015年1月24日 10:39 PM

すると彼は傷つくはずだ。そんなことはできない。だめだ。風俗オタクとは友達でいなくては。性的な関係のない、安全な、永遠に続くきずなを大切にしよう。「おい」風俗オタクの手が腰にふれたので、デリヘル王はびくっとした。ぱっと振り向いて、風俗オタクに面と向かった。「タムシンに検視報告書を見てもらわなくちゃ。熟女博士たちがそとで遊んでいて、邪魔されずに話せるうちに」風俗オタクの暗い森の目が鋭くなった。「おれもそう言ったばかりだ」「まあ」「いったいなにを考えてるんだ?おまえのにおいがおかしいぞ」こちらの汗や不安を敏感に感じとる人間がそばにいると、どうも落ち着かない。ふたりの関係を台無しにすることを考えただけで、このうえない恐怖に襲われたことも察知されてしまうのだから。 入間デリヘルベイビーズから「そもそもおかしかつたはずよ・忘れたの?」デリヘル王は心のなかで皮肉っぽく笑った。わたしの脳を侵食しているこのたちの悪い病気も、少なくとも言い訳としてはなかなか役に立つものだ。風俗オタクの眉間に寄せたしわが、せっかくの額の美しさを損なっている。「このにおいはそれとはちがう」「報告書をちょうだい」「とっくにタムシンに渡してある」風俗オタクは人妻マニアのうしろの大きなキッチンテーブルのほうを顎でしゃくってみせた。うしろを向くと、タムシンがすでに報告書をぱらぱらめくっていた。ネイトは人妻マニアの椅子の背を握ってすぐそばに立っている。「ダミーによれば、とくに目立ったことはないらしい」彼が顔を上げてこっちに声をかけた。「だが、デリヘル王といっしょに調べたらなにか見つかるかもしれないな」「わかったわ。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。